メインイメージ

運転技術が不安な人の特徴

運転技術には運転経験や運転する頻度によって個人差がありますが、技術が高ければ交通事故が少ないとは限りません。

右左折が上手にできない

ドライバーの中には右左折が下手で運転技術に悩む方もいるようです。安全に曲がる為にはポイントがあり、まず十分にスピードを落とすことです。

オートマチック(AT)車

AT車はブレーキとアクセルの2つのペダルで車の動力を操作するもので、MT車に比べペダルが少ない分足の操作が楽になると考えている人は多いと思います。

オートマチック(AT)車

AT車はブレーキとアクセルの2つのペダルで車の動力を操作するもので、MT車に比べペダルが少ない分足の操作が楽になると考えている人は多いと思います。実際クラッチペダルが無くDレンジに入れることで速度やエンジンの回転する数に併せて不動で変速を行ってくれるため、運転が楽だと思う人も少なく有りません。

しかし、実際にはAT車は高い運転技術を持たないと上手には運転できず、また注意して運転しないと車が暴走する危険があるものです。特に運転技術で注意しなければならないのはキックダウンと呼ばれるもので、走行中に急に強くアクセルを踏むと自動的にシフトダウンし強い加速力が得られるという物です。エンジンの回転数が急に上がることになり取り強い馬力とトルクを生み出すことで車を強く動かそうとするため、非常に危険な状態となるのです。

上り坂などで力が欲しいときや、意図的に急に加速をしたいときには非常に有効な機能ですが、一般道や駐車場などで不用意にアクセルを踏んでしまうと車が急に飛び出してしまい事故の原因になるため注意が必要です。