メインイメージ

運転技術が不安な人の特徴

運転技術には運転経験や運転する頻度によって個人差がありますが、技術が高ければ交通事故が少ないとは限りません。

右左折が上手にできない

ドライバーの中には右左折が下手で運転技術に悩む方もいるようです。安全に曲がる為にはポイントがあり、まず十分にスピードを落とすことです。

オートマチック(AT)車

AT車はブレーキとアクセルの2つのペダルで車の動力を操作するもので、MT車に比べペダルが少ない分足の操作が楽になると考えている人は多いと思います。

右左折が上手にできない

ドライバーの中には右左折が下手で運転技術に悩む方もいるようです。

安全に曲がる為にはポイントがあり、まず十分にスピードを落とすことです。スピードが速ければ素早いハンドル操作が求められるようになる為、運転に余裕が持てなくなります。事故のリスクも必然的に高まりますので速度を意識してみた方が良いでしょう。

運転技術で特に不安になるのは左折よりも右折の時の方が多いようですが、右折に対して不安になるのは対向車がいるからです。そして横断歩道に関しても意識を向ける必要がある為、2つのことを同時に考えなければいけません。

右折をスムーズに行う為には横断歩道に注目することが大切です。横断歩道を渡っている人がいる場合は基本的に右折をするのは危険ですので特に意識すべきポイントです。そして横断歩道の安全が確認できたら今度は対向車を意識しますが、その際には安全な切れ目ができるまで急ぐ必要はありません。無理に行こうとすると危険ですので確実に安全に行けると思った時だけ右折をします。

なお、右折をする際には常に横断歩道を意識し、渡りそうな人がいたりする場合は様子を見た方が良いでしょう。