メインイメージ

運転技術が不安な人の特徴

運転技術には運転経験や運転する頻度によって個人差がありますが、技術が高ければ交通事故が少ないとは限りません。

右左折が上手にできない

ドライバーの中には右左折が下手で運転技術に悩む方もいるようです。安全に曲がる為にはポイントがあり、まず十分にスピードを落とすことです。

オートマチック(AT)車

AT車はブレーキとアクセルの2つのペダルで車の動力を操作するもので、MT車に比べペダルが少ない分足の操作が楽になると考えている人は多いと思います。

運転技術が不安な人の特徴

運転技術には運転経験や運転する頻度によって個人差がありますが、技術が高ければ交通事故が少ないとは限りません。

運転技術が不安な人の特徴は性格から読み取ることができ、特に危険性が高いのは顕示欲が強いタイプです。具体的なケースでは、同乗者がいると途端にスピードを出し運転が荒くなったり、無理と思われる場面で他の車を追い越したり、スペースが無いにも関わらず狭い所に強引に入ったりと、他人に運転技術を示したいという欲望に駆られ、実行に移してしまう傾向にあります。

これは、教習所入所時に実施される適性検査の結果からも明らかで、自己中心型の人は特に注意する必要があります。

内向性の人も、運転が不安なケースの一つです。内向的な人に見られがちなのは、他者と同調しないことです。道路上で周囲に合わせた運転が苦手だったり、自己流の運転方法を身につけてしまい、他人の言葉には耳を傾けない性格が災いし、他者の安全な運転を模倣しないなどの欠点があるためです。