メインイメージ

運転技術が不安な人の特徴

運転技術には運転経験や運転する頻度によって個人差がありますが、技術が高ければ交通事故が少ないとは限りません。

右左折が上手にできない

ドライバーの中には右左折が下手で運転技術に悩む方もいるようです。安全に曲がる為にはポイントがあり、まず十分にスピードを落とすことです。

オートマチック(AT)車

AT車はブレーキとアクセルの2つのペダルで車の動力を操作するもので、MT車に比べペダルが少ない分足の操作が楽になると考えている人は多いと思います。

運転技術の豆知識

車を安全に運転するためには、正しい運転技術の知識が必要です。無理な運転は事故につながってしまいます。

公道を走る場合にまずは、車間距離を広めに取ることが大切です。車間距離が広ければ、前の車が急ブレーキをかけたとしても、対応する少しの時間があり、追突を避けることがきます。

当然のことですが、スピードを出しすぎないことも重要です。スピードを出しすぎていて急ブレーキをかければ、今度は逆に後方の車に追突される可能性があります。

走行中の運転技術としまして、レースなどでも使われている技術なのですが、アウトインアウトというものがあります。この技術は日常の運転でも有効です。できるだけ左右への加重移動を減らすことにより、同乗者は快適な乗り心地を得ることができます。

次に車庫入れの場合ですが、片手ハンドルで車庫入れをすると格好が良く見えると考えている方が多いでしょう。しかし、安全運転に格好を良くすることは関係がありませんので、周囲をよく確認しながら、しっかりと両手でされることをおすすめしますし、そちらのほうが早く車庫入れできます。

狭い道で対向車がいる場合、相手が先に道を譲ってくれたら、クラクションを鳴らすのではなく、手を上げるなどのジェスチャーで感謝の意を伝えると良いでしょう。クラクションは音が響くため、場合によっては相手が逆上するかもしれません。このような知識を頭だけでなく体にも覚えさせておけば、とっさのときにでも無意識のうちに正しい反応ができるようになります。

無理な運転は危険ですし、燃費も落としてしまいます。正しい運転技術を身につけ、エコでスマートなカーライフを楽しみましょう。