メインイメージ

運転技術が不安な人の特徴

運転技術には運転経験や運転する頻度によって個人差がありますが、技術が高ければ交通事故が少ないとは限りません。

右左折が上手にできない

ドライバーの中には右左折が下手で運転技術に悩む方もいるようです。安全に曲がる為にはポイントがあり、まず十分にスピードを落とすことです。

オートマチック(AT)車

AT車はブレーキとアクセルの2つのペダルで車の動力を操作するもので、MT車に比べペダルが少ない分足の操作が楽になると考えている人は多いと思います。

運転技術情報

自動車の卓越した運転技術については、なかなか学ぶ機会というのが無いというのが現状です。こういった情報は、どうしても教習所では教えてくれない訳ですので、自身でマニア情報誌等を購入してこういった知識を身に着けるか、若しくは、友人や知人等から聞いて、学ぶかのいずれかということになります。

自動車の運転技術で核になる技術というのが、コーナーリングであることは言うまでもありません。直線を唯々、スピードを上げて走ることは、正直な話、誰でもできる訳です。ただアクセルを全開にして飛ばせばよいだけですので、あとは、度胸があるかどうかの世界だけになります。

しかし、コーナーリングはそうはいきません。絶対に、卓越した技術が必要ですし、その技術さえあれば、プロ顔負けの足りが期待できる運転技術でもある訳です。では、そのコーナーリングの技術とはどの様なものなのでしょうか。

このコーナーリングに特化した技術は、アウトインアウトと言われます。これは、実はプロでもやっている走り方で、コーナーリングの基本中の基本です。これを教習所では、スピードを落として走れと言い、この卓越した技術を教えてくれません。この技術は、カーブに入る時は、例えば、右に曲がっているカーブの場合は、左側の車線ギリギリから入り、中央部で中央分離帯にかかるかかからないかまで持っていき、最後には、また左の車線ぎりぎりに戻るといった手法です。

これは上手くいけば、カーブを曲がっていないと錯覚させ得る技術で、身に着けて損はないでしょう。

オートマチック(AT)車

AT車はブレーキとアクセルの2つのペダルで車の動力を操作するもので、MT車に比べペダルが少ない分足の操作が楽になると考えている人は多いと思います。実際クラッチペダルが無くDレンジに入れることで速度やエンジンの回転する数に併せて不動で変速を行ってくれるため、運転が楽だと思う人も少なく...  続き ⇒