メインイメージ

運転技術が不安な人の特徴

運転技術には運転経験や運転する頻度によって個人差がありますが、技術が高ければ交通事故が少ないとは限りません。

右左折が上手にできない

ドライバーの中には右左折が下手で運転技術に悩む方もいるようです。安全に曲がる為にはポイントがあり、まず十分にスピードを落とすことです。

オートマチック(AT)車

AT車はブレーキとアクセルの2つのペダルで車の動力を操作するもので、MT車に比べペダルが少ない分足の操作が楽になると考えている人は多いと思います。

運転技術が不安になるケース

まず挙げられるのが右折をする時でしょう。左折と違って対向車を意識して曲がる必要がありますが、タイミングを見て右折を開始しないと危険です。しかしながら中には丁度良いタイミングを見極めるのが苦手で運転技術に不安を感じてしまう方もいるようです。

安全に曲がる為には切れ目ができるまでじっくりと待つことが大切と言えます。後続車がいたりすると早く行かなければいけないという心理が働くようですが、焦りの気持ちを持つと余計に危険性が高まります。また、急いで曲がろうとすると歩行者や自転車を見落としてしまう恐れがありますし、右折で事故を起こすケースも少なくありません。その為、急ぐ必要はないと自分に言い聞かせ、安全に曲がれると思った時に行くと良いでしょう。

駐車場に停める時や車庫入れの時にも運転技術が不安にある方も多いようです。特にバックで停める必要がある場合、必然的に見える範囲が違ってきたり、ハンドルの動かし方も意識する必要がありますので、運転技術が未熟ですと何度も切り返しをしなければいけないこともあります。

しかし駐車が苦手な場合でもコツさえ押さえてしまえば技術を上達させることが可能です。例えば駐車に向けて車を停車させる位置だったり、ハンドルを切るタイミング、バックをする時の速度など、意識するポイントを理解すれば誰でも安全に行える作業なのです。まずはそのコツを理解することが大切ですので自宅などで練習をしたり、あるいは自動車教習所で指導を受けに行ってみるのも良いでしょう。

運転技術が不安な人の特徴

運転技術には運転経験や運転する頻度によって個人差がありますが、技術が高ければ交通事故が少ないとは限りません。運転技術が不安な人の特徴は性格から読み取ることができ、特に危険性が高いのは顕示欲が強いタイプです。具体的なケースでは、同乗者がいると途端にスピードを出し運転が荒くなったり...  続き ⇒

右左折が上手にできない

ドライバーの中には右左折が下手で運転技術に悩む方もいるようです。安全に曲がる為にはポイントがあり、まず十分にスピードを落とすことです。スピードが速ければ素早いハンドル操作が求められるようになる為、運転に余裕が持てなくなります。事故のリスクも必然的に高まりますので速度を意識して...  続き ⇒