メインイメージ

運転技術が不安な人の特徴

運転技術には運転経験や運転する頻度によって個人差がありますが、技術が高ければ交通事故が少ないとは限りません。

右左折が上手にできない

ドライバーの中には右左折が下手で運転技術に悩む方もいるようです。安全に曲がる為にはポイントがあり、まず十分にスピードを落とすことです。

オートマチック(AT)車

AT車はブレーキとアクセルの2つのペダルで車の動力を操作するもので、MT車に比べペダルが少ない分足の操作が楽になると考えている人は多いと思います。

基本的な運転技術

運転技術の基本は、認知、判断、操作にあります。 「認知」は各種標識や信号、走行中の道路における交通状態の認識等で、具体的には前方の交差点にある信号が、青から黄色に変わった場合などに気づくことです。認知なくして安全な運転は不可能とされます。

続く「判断」は、認知したことについてどのような行動に移すかを判断することです。信号が黄色に変わった際には、安全に停止できるかどうかに基づいた、適切かつ素早い判断が求められます。停止線の前で安全に止まることができる場合は停止し、急ブレーキを掛けないと停止できない場合には、追突防止のためそのまま通過するという判断力が必要となります。

「操作」は判断に基づいて行うもので、適切にブレーキを踏んだりハンドルを切るなど、実際の行動を指します。

これらのうち一つでも失敗すれば、交通事故の原因となりかねません。例えば信号が変化したことを見落とす認知ミスや、黄色信号で安全に止まることができるにも関わらず通過してしまう判断ミス、ブレーキと間違ってアクセルを踏んでしまう操作ミスは、交通事故に直結することになります。

これら以外では、精神状態が運転に影響することがあります。悩み事を考えながらの運転や、遅刻するかどうかの追い詰められた状態で運転することは、例え基本的な運転技術が優れていたとしても交通事故を起こしやすくなります。

継続的な安全運転を続けるためには、自動車教習所で学んだ運転技術の基本を忘れることなく、常に意識することが大切です。